幼稚園の上靴は無地でもたった15分で素敵にアレンジできる!

子育て

娘の足が大きくなってきたので新しい上靴を新調しようと思い靴屋さんに買いに行ったときのことです。

上靴は無地からキャラクターまで様々なタイプのものが売られていて、ちょうどその時娘が好きだったキャラクターの絵がついた上履きも売られていたので値段を見ると

うわっ高っ!

私達の幼稚園時代は白くてゴムバンドがついた上履きが主流でしたが最近の上靴は柄やデザインなどおしゃれなものが多く、子供に人気のキャラクターがついた商品は結構良い値段で売られています。

無地だと500円くらいで買えるものが小さいキャラクターがついているだけで一気に値段が3倍ぐらいに飛び上がります。

毎日履くものであるならば性能がよくて丈夫であればそこまで値段を気にしませんが、娘の幼稚園では裸足を推奨しているところなのでなので上靴は行事のあるときのみで基本室内は裸足で過ごしています。

月に数回しか履かないような上靴にそんなにお金をかけたくなく、キャラクターが少しついている以外素材も性能もたいして無地の上靴とそんなに変わりがないことに納得がいきません。

だからといって周りの子がお洒落な上靴を履いているのに、娘だけ無地の上靴を履いているのを想像するとなんとなく寂しくなります。

あまりお金をかけずに可愛いい上靴をゲットするにはやっぱり自分でデコるしかないと思い、以前別の用事で手芸屋さんに立ち寄った時にデコっている上靴がおいてあるのを思い出しました。

その時はたいして興味もなかったので気にも止めなかったのですが、とりあえずもう一度手芸屋さんに行ってみることにしました。

上靴を可愛くデコるためにまず何をすればよいのか、具体的な方法を知って必要な道具を揃える

そこには以前見たままのデコられた上靴が置いてあり近くにその説明が書かれている冊子があったので読んでみたところ作り方は想像していた以上に簡単そうでした。

昔から工作や美術が好きだったのでこの作業は私にはもってこいと思いまずは必要な道具を揃えることから始めました。

主な必要な道具は主に紙ナプキン、刷毛、布用デコパージュ専用液(ピンク)、デコパージュ専用トップコート(緑)の4つです。

後は作業しやすいように紙ナプキンを切り抜きやすいハサミと、切り取った紙ナプキンを上靴にのせるときに使うピンセットがあると便利です。

今回デコパージュは手芸屋さんで購入しましたが、基本は全て100均で揃えられる品ばかりでなので初期費用は若干かかりはするもののキャラクター付きの上靴を買うよりもかなり安く抑えられます。

必要な道具であるデコパージュとは聞き慣れない名前だったので、いったいどんなものなのか調べてみると、デコパージュとはフランス語で『切り抜く』という意味で17世紀にイタリアの家具職人が日本の漆工芸をまねて作ったのが始まりと言われています。

やり方はとても簡単で自分の好きな柄の薄い紙や布に描かれたイラストを切り抜いたら専用のニスでアイテムに貼り付けて乾かすだけです。

デコパージュ用に販売されている専用液は接着剤として布、紙、プラスティックだけでなく石、木、ガラス、タイル、鉄、石鹸などにも貼り付けることができます。

また耐水性もあるので乾くと水洗いも可能となり汚れがつきやすい上靴もしっかり洗うことが出来ます。

ただしゴシゴシ洗ったり高温のお湯やつけ置き洗いをするとコーティング剤まではがれ、せっかく上靴につけたイラストまではがれてしまう恐れがあるので優しく洗いましょう。

準備は揃ったのでさっそく制作開始する

具体的な作り方

紙ナプキンは基本薄い紙3枚で重なったもので構成されているので、まずはイラストが描かれてない側に向けたら一番上の白い薄い紙をゆっくりはがします。

②1枚目を剥がし終えたら同じように2枚目の白い薄い紙もゆっくりはがしていきます。

③2枚剥がし終わるとイラストのある紙だけが残るので貼りたいと思うイラストの部分をハサミで切り抜いていきます。

布用デコパージュ専用液(ピンク)を上靴の貼りたい部分に刷毛で塗ってから先ほど切り抜いたイラストがしわができないようにそ~っとピンセットでつまんで上靴にのせて貼りつけます。

⑤その後紙ナプキンの上からトップコート専用のデコパージュ(緑)を塗り、完全に乾かしたら完成です。

まとめ

実際に作ってみたところ作業時間15分ぐらいで、ちょっとした手間暇をかけるだけで無地の上靴が想像以上に素敵な上靴に変身しました。

しかし、ここにきて問題点が出てきました。

後日娘の汚れた上靴を洗った際にイラストの部分だけトップコートを塗ったので、イラストの周りにくっきり汚れのシミがついてしまい洗ってもなかなか汚れが落ちなかったのです。

この反省点を踏まえて汚れから上靴を守るためにもトップコートは紙ナプキンのイラスト柄の部分だけでなくその周辺全体に塗った方が手入れが楽になることがわかりました。

やり方さえ把握していればあっという間に簡単にできてしまうので、上靴にそんなにお金をかけたくない人は是非自分でデコってみて下さい!

最後までご覧頂きありがとうございました。