停電したらこんな世界が待っている!電気がないと本当に不便!

暮らし

2018年9月6日3時08分。

突然家全体が激しく揺れだし、本気で壊れるんじゃないかと恐怖を感じた瞬間でした。

のちに【北海道胆振東部地震】と言われ、北海道でいまだかつてない大規模停電に見舞われました。

阪神淡路大震災で震度3は体験したことはあっても、震度6以上の地震は人生初でまさか自分の住んでいる町が被災するなんて夢にも思わなかったです。

我が家は物が少ないのであまり物が落ちてくる心配はなかったのですが、それでも食器棚だけは相当激しく揺れたので夫のとっさの行動がなかったらヤバかった……。

夫は地震と同時に飛び起きて冷静に食器棚を押さえていました。

夫よ、ナイスな働きだぜ!

その頃の私は夢なのか現実なのかわからず、ただぼう然とするだけでした。

そしてしばらくすると電気が消え、ここからが徐々に電気のありがたみを痛感するわけですが……。

その後今まで電気が使えることがあたり前だと思っていた私達はパニック状態に!

電気がないと何が困るのか?何をすれば良いのか?初めての経験で具体的にどんなことをすれば良いのか悩むわけです。

こんな事態でも「電気がないとこんな世界になる」「こういう対策がある」ことを事前に把握しておけば、今後いつその状況に陥っても少しは安心できるとは思いませんか?

この記事では地震よって大規模な停電に遭遇した実体験をもとに、電気がないと何が困ってどんな対策が必要なのかについて紹介していきます。

電気が使えないと何が変わるの?

地震による建物や物が壊れるという被害は少なくても、停電することによってその後じわりじわりと不便な生活を余儀なくされることになったのです。

家の外では絶えず救急車のサイレンヘリコプターの飛ぶ音も聞こえてきました。

普段連絡がない友人や親戚からもLINEやメールで心配する声が次から次へとくるので、一瞬人気者になったのかと勘違いまでしていました(笑)。

ニュースで北海道のことが騒がれている間は、電気が使えないこと以外は震災前と特に変わらず意外と平和な日常が続いていました。

しかし、町の様子はいつもと変わっていたのです。

  • お店がほとんど閉店
  • コンビニやスーパーから冷凍冷蔵品が消える
  • 信号機が付かないので車を運転する者は自己判断で走行
  • 建物でガラスが割れた部分をブルーシートで覆っていた

よく見るとお店はほとんど閉店し、いつも明るいコンビニも真っ暗で品薄状態!

冷凍品や冷蔵品は全てアウトでスーパーでもこのような事態に陥り、特に乳製品の品薄状態が一番深刻で電気が復旧してもお2週間くらいは影響を引きずっていたような……。

一見いつもと変わりない風景に見えても信号機が付かないので、車を運転している人は自己判断で走行し、いつも以上に慎重にスピードを抑えているように感じられました。

建物自体が壊れるという被害はほとんどなくても、ガラス部分が損傷している建物はチョクチョク見かけました。

特に車屋さんのショーウィンドウにはブルーシートが何日もかけられたままでした。

停電してもすぐに復旧すればその後の生活も特に変わらずいつも通りの日常を送ることができます。

しかし、1時間、2時間、3時間……停電時間が長くなればなるほど事態は深刻になっていきました。

最初は「すぐに復旧されるだろう~」なんて軽く考えていましたが、昼過ぎても一向に電気がつく気配がありません。

このあたりで初めて本気でヤバイと感じ始め、電気が使えない生活と真剣に向き合うことになりました。

長期停電になると、私達の生活に支障をきたす4つのこと

数時間の停電であればそこまで生活に支障をきたしませんが、1日以上の停電が続くだけで私達の生活はパニック状態に陥ります。

私達の生活は電気、水道、ガスのライフラインで成り立っていますが、その中で一番影響を受けるのが電気です。

この電気が使えないと仕事だけでなく普段の生活さえままならなくなり、いかに電気に頼り切った生活をしているのか身をもって体感しました。

ここで私達の生活にすぐに支障をきたす重要な4つのことがあります。

  1. 夜になると明かりがなくなる
  2. 家電が使えない
  3. お風呂やシャワーが使えない
  4. トイレが通常通り使えない

①夜になると明かりがなくなる

日中は太陽のおかげで暗くなる心配はないですが、夕方から一気に暗くなり始めると異変を感じ始めます。

電気がつかないと部屋は本当に真っ暗!

冗談抜きに本当に何も見えなくなります。

我が家の場合はトイレに窓がないので昼間も電気をつけないと暗いので、地震直後から明かりに対する不便さを感じていました。

日中は明るいのでそこまで深刻に考えませんでしたが、暗闇を感じると急に不安が強くなります。

電気がある世界があたり前だと思って生きてきた者にとって、いざ暗闇の世界に放り込まれると何をして良いのかわからないのです。

子供も恐がっていたのでその晩は早く寝ました。

ただ、明かりがない分その日の月だけはいつも以上に輝いているように見えたのは私だけでしょうか?

②家電が使えない

現代人にとって家電が使えないと家事が成り立ちません。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機

特にこの2つが一番重要で、停電の期間が長ければ長いほど大きな支障をきたします。

具体的に言うとこれです。

  • 冷蔵庫の中のものが腐る→そのうち食べるものがなくなる
  • 洗濯物がどんどん溜まる→そのうち着るものがなくなる

この2つの家電が使えないことは生活の中でかなりのダメージ!

他にも炊飯器や電子レンジ、掃除機など家事をする主婦にとってなくてはならないものですが、この2つほどダメージはデカくない。

だって炊飯器も電子レンジも調理法を変えれば済む話で、手間はかかるかもしれないけれど問題は解決できますから。

掃除機もじゅうたんやカーペット以外であればホウキやクリックワイパー、雑巾を使えばいくらだって掃除できます。

しかし、冷蔵庫の代わりになるものはナッシングなので、ただ腐るのを待ち続けるしかないんですよ。

洗濯機に関しては【洗う】【洗い流す】までは何とか自力で行えても、この【しぼる】のに苦戦を強いられるわけです。

そして洗濯機に脱水機能があることがあたり前過ぎて、いかに素晴らしい機能であるのかに気づかされるのです。

しぼることはできてもやはり人間の力では十分しぼり切れないので、水分が多く残っている分乾くのに時間がかかります。

やれないことはないですが、現代人にとってこの仕事は家事の中でもかなり根気がいる作業なので、できれば洗濯機を使いたいところ。

でも昔の人はこんな面倒くさいことを毎日繰り返していたのかと思うと、リスペクトしまくりです。

あともうひとつ、私達の暮らしになくてはならないものがあります。

これらがなくても取りあえず生活はできますが、これらがないとやはり非常に不便さを感じます。

それは情報を得る手段です。

今まで当たり前のように使っていたテレビやラジオ、パソコンや携帯電話が使えなくなると、今世の中で何が起こっているのか全く情報が回ってこない!

情報が当たり前に回っていた世界から情報がなくなるなんて不安でしかありません。

その中でも一番重要なのが携帯電話です。
今の携帯はほとんどの情報が得られるので、携帯さえ使えれば世界とつながることができる欠かせない存在です。

そのため現代人にとっては何よりも携帯電話が使えないのが一番辛いところ。

“電気が使えないと充電もできなくなる”

充電ができないということは携帯にとって致命的で、完全に外の世界とシャットアウトされるようなもんです。

最後にもうひとつ大きく変わることがあります。

それは音がないということです。

音を出す家電が使えないと実にこの世界は静かです。

そんなことはすっかり忘れていましたが、音のない静かな世界に慣れていない現代人にとってこの違和感に慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

③お風呂やシャワーに入れない

オール電化の家は完全にアウトですが、お風呂の水はガスで沸かしている我が家はセーフかと思いきやこれまたアウトでした。

ガスと電気が完全に分けて使える構造だったら良いのですが、主電源が電気だと手も足も出せなくなります。

滝修行のつもりで水風呂や水シャワーの選択もありますが、風邪引きそうで現実的ではありません。

結局私の家は停電が丸1日だったので風呂もシャワーもその日は入りませんでした。

もし停電が長引くようならガスが使えたので、ヤカンや鍋で多めにお湯を沸かして体や髪を洗っていたかもしれません。

④トイレが通常通り使えない

電気が使えなくなってまず最初に困ったことはトイレでした。

私が子供の頃の洋式トイレはタンクの横についた手動レバーを回せばすぐに水を流せる構造でしたが、今のトイレは勝手が違う!

なぜなら今のトイレは電気で動かすのが主流だからです。

  • 水を流す
  • 便座を温める
  • ウォシュレット
  • 消臭

これらの機能はぜ~んぶ電気で動かしています。

その中でも電気が使えないと一番困るのは水を流せないこと!

暗闇の中で用を足した後に「あれっ?」。

これどうやって流せばいいんだ?

そうだった、いつもみたいに流せないんだった……。

しかし、こういうときのためにトイレのタンク内には手動レバーが付いています。

全くそのことを知らなかった私はトイレで水を流せないものばかり思っていたので、停電直後しばらくは風呂場で用を足していたのです……。

いざトイレ以外でおしっこしようとすると、これがなかなか勇気のいる行為なんですよね。

トイレ以外でするのなんて20代の頃に山登りでした以来のことで、そのときは大自然と一体感になった開放感が得られましたが今回は全く状況が違う!

出そうと思ってもなかな出ない。

緊急事態であるハズなのに、なんだかとってもいけないことをしている感覚に襲われるのです。

「いい大人がこんなところで何やっているの!」と誰かに責められているようで、ものすごく恥ずかしくなりました。

その後夫が平然としてトイレに向かうではありませんか。

えっ大丈夫なの?

中から「ジャーッ」という音がした後、すぐに夫が出てきました。

私:「トイレの水どうしたの?」

夫:「えっ?知らないの?タンク内に手動レバーがあるからそれ使った」

まじですか~早く教えてよ!

知っていればこんな恥ずかしい思いしなくて済んだのに!

私のようなことにならないように、皆さんはちゃんとトイレのタンク内に手動レバーがあることを覚えておいて下さいね。

ただし、メーカーによっては内蔵されていないタイプもあるので、一度自宅のトイレのタンク内に手動のレバーがあるかの確認はしておいた方が良いです。

我が家ではトイレの横に小さな四角があり、手前に軽く押すと扉が開きます。

中に小さな黒いレバーがあってそれを時計回りに回すと水が流れるようになっていました。

この操作に慣れてしまえばどうってことはないのですが、トイレへ行く度に違和感ありまくりでした。

確かに『水を流せないこと』が一番辛いことには変わりないのですが『便座が温められない』ことも現代人にとっては辛い現実です。

トイレに座って温かいぬくもりを感じるとなんだかホッとしませんか?

子供の頃は家のトイレには便座カバーがついていたので便座が冷たくてもたいして気になりませんでした。

しかし、ここは北海道……便座の電源をオフにしていると夏でもまぁまぁ冷たく感じます。

もし時期が冬であったらあまりの冷たさに飛び上がっていたかもしれません。

特に子供がいる御家庭では毎回おしっこが飛び散って不衛生なので、我が家のように便座に何もつけていないおうちも多いのではないでしょうか?

そういう家のトイレほど便座の冷たさが身にしみるのです。

座った瞬間に「冷たっ!」。

停電の時期は9月でしたが便座におしりをつけるたびに、冷たさで体がビクッと反応していました。

停電が長引くときにちゃんとやるべき5つの行動!

停電の間はただ電気の回復を待つまでボーッとするのではなく、それなりにちゃんとやるべきことがあります。

具体的な5つの行動を紹介します!

  1. ブレーカーを下げる
  2. 冷蔵庫のものはクーラーボックスに避難
  3. 懐中電灯を常備
  4. 風呂の水を貯める
  5. 携帯の電池は省エネモードに設定

この5つの行動をしっかり頭にたたき込んで下さい!

これができるかできないかで停電によるダメージが少しは軽減されるハズです!

①ブレーカーは下げておく

停電時にブレーカーを上げたままにしておくと電力が回復した際にショートする恐れがあるので、停電のときは基本ブレーカーを下げておきましょう!

②冷蔵庫のものはクーラーボックスに避難

「冷蔵庫のものが腐ってしまう~」

確かにそのまま放置していたら腐りますが、夏場でも1日程度なら逃れられる方法もあります。

それは『クーラーボックスに避難させること』です!

そのためには普段から保冷剤や氷をたくさん常備しておく必要があり、クーラーボックスもできるだけ大きめの方がたくさんの食材を確保できます。

冷蔵庫もすぐに温度が上がるわけではないので冷気がもれないようにすぐ閉めたり、冷凍庫の方が温度が低いので冷蔵のものを冷凍庫へ移しかえるのも有効です。

我が家の場合は地震直後すぐにクーラーボックスに腐りやすいものを移動しておいたので全て無事でした。

しかし、これは停電が1日だったからセーフだったわけで2日以上停電していた友人宅の食材は完全にアウトでした。

③懐中電灯を常備

我が家には2つ懐中電灯があったので、これで何とか夜でも暗闇の中移動することができました。

実際使ってみて2つだけでは光があるとはいえ室内はやはり暗く感じたので、せめてあと1つ懐中電灯があればもう少し部屋も明るく保つことができたのかな~という印象です。

つまり懐中電灯は3つは常備しておきたいところです。

電池を使い続けるとすぐなくなってしまうのでこの点も配慮しましょう!

  • 少しでも電池が長持ちするようにLEDのものにする
  • 予備の電池(単3単4)も多めに常備する

『水の入ったペットボトルの下から懐中電灯を当てる』ことで懐中電灯の光をより有効に使う方法もあります。

④風呂の水を貯めておく

停電だけで済まされないこともあるので、いつ断水しても困らないように浴槽にいっぱいに水を貯めておくといざとなったとき使えます。

いざとなったときとは『トイレの水が出なくなったとき』です。

浴槽の水があれば流すことができるので、とりあえず貯めておいて損はないです。

ただこの水は決してきれいなものではないので、飲み水や洗濯物を洗い流すことには使うと逆に体調を崩したり洗濯物に雑菌がつく恐れがあるのでおすすめはしません。

あくまでトイレの水が出なくなったとき用です。

⑤携帯の電池は省エネモードに設定

これはすっごく大事なことです。

少しでも携帯の電池を長持ちさせるためにもすぐに省エネモードに設定して下さい!

電気はない世界ではテレビもラジオもパソコンも一切使えなくなり、携帯だけが唯一の情報手段です。

電池の残量が少なくなるたびにどんどん不安になり、こんなときに充電器があればどんなに安心できたことでしょう。

充電器がなくても車内でも充電可能でしたが、おっそろしく時間がかかるのとガソリンも貴重なのであまり無駄には使いたくありませんでした。

そんな思いをしなくて良いようにやはり一家に一台は充電器は持っておいた方が良い!

充電器には電池式バッテリー式があり、性能を重視するのであれば後者をお選び下さい。

お値段も2000円~3000円台なので意外と良心的な値段です。

突然の停電が起きてもあわてないように事前に備えておくこと!

突然の停電でも落ち着いて対応ができるように、普段から事前にこんな備えをしておくと安心できます。

  1. 食料と飲み水の確保
  2. 生活に使う紙類の確保
  3. ガソリンは満タンに近い状態にしておく
  4. これがあると便利かも!?

①食料と飲み水の確保

停電になると飲食店はほとんど閉店しスーパーやコンビニは品薄状態で機能しなくなり、人々はパニックに陥り一斉に食料と水を確保するために走り回る結果に……。

こんな事態にならないためにも、食料と飲み水は日頃から多めに常備し以外にも長く保存がきく缶詰麺類(パスタ・蕎麦・素麺)などが後々役に立ちます。

②生活に使う紙類の確保

あと意外と盲点なのが生活に使う紙類です。

トイレットペーパーティッシュナプキンオムツ(小さい子供がいる場合)は必要不可欠で、これらがないと私達の生活は不便でしょうがない!

ストックがないとトイレにさえ支障もきたし、さらに窮屈な生活へと強いられることに!

そして電気が使えなくてもゴミはいつも通り増え続けていくのでゴミ袋も多めに常備してある方が安心できます。

③ガソリンは満タンに近い状態にしておく

停電になったとき車は唯一の交通手段なので、いつでも利用できるようになるべくガソリンは満タンに近い状態にしておくのがベストです。

いつもギリギリならないと入れない人は、結局ガソリンスタンドで長~い車の渋滞の列に並ばないといけなくなりますよ。

④これがあると便利かも!?

絶対必要というわけではないですが、あると何かと役に立つグッズ達を紹介します!

  • 使い捨ての下着
  • ガスコンロ
  • 発電機
  • 石油ストーブ

使い捨ての下着

洗濯ができないときれいな衣類がどんどんなくなり、服は汚れていてもせめて下着だけでもきれいなものを身につけたいですよね。

手洗いという手もありますが、そんな手間も省いてくれるのが使い捨て用の下着です。

素材は紙でシャツパンツがありネットで購入することができます。

災害時だけでなく入院旅行のときでも利用できます。

ガスコンロ

ガスが止まったときのことを考えると、カセットコンロ(ボンベの予備も)も1つは持っておきたいところ!

ただし、オール電化の家においては停電用に必ず常備しておくべきです。

私の知り合いでもオール電化の御家庭があり、停電のときは大変苦労されたと聞きました。

発電機

今回の停電で「発電機さえあれば……」と何度も思いましたが、扱い方を間違えると命を落とすこともあるので手軽に取り入れられる方法とは言いがたいです。

燃料がガソリンなので一酸化炭素中毒になる恐れもあり、今回の地震でも発電機の誤った使い方で亡くなられた方もみえました。

「ほしいけど……恐い」というのが本音です。

でもないよりはあった方が安心ですよね。

石油ストーブ

石油ストーブがあれば電気もガスも使えなくてもこれさえあれば部屋が温まりまり、ヤカンでお湯を沸かすお鍋やフライパンを使って料理することだってできちゃいます!

特に北海道の冬に電気とガスが使えなくなると死活問題にもなりかねないので、一家に一台あれば家族の命を守るのに多いに役立つハズです。

ホッカイロアルミマットアルミシートも寒さ対策用としてあると便利ですよ!

まとめ

今回は震災によって引き起こされた停電でしたが、今後も地震以外でも落雷大雨などの自然災害によって停電になる可能性はいくらでもあります。

今までは「自分が住んでいるところは大丈夫だろう」と変な自信がありましたが、実際自分の町が被災したことでその考えは一掃されました。

地震そのものに対しては、

  • 倒れやすい家具の固定
  • 倒れやすい物の配置変え

などによって家の中の被害を最小限に食い止める方法がわかっても、その後引き起こされた停電に対しては具体的に何が困って何が必要になるのか把握しきれていませんでした。

普段の暮らしがいかに『電気』に頼り切っているのかを痛感したと同時に、当たり前の生活がいかに自分達にとって幸せなことなのか気付かされた1日でもあります。

次にもし停電になったとしても、今回の経験で学んだことを活かして冷静に対処していきたいです。