【セロハンテープカッター】【鉛筆削り】100均よりも性能重視!

serohan-enpitukezuri 子育て

大人になるにつれて日常ではそれほどセロハンテープ鉛筆削りを使う機会がなく、なくてもほとんど困ることはありませんでした。

それでも年に数回は使うことがあったのでお手軽に100円ショップで購入し一応家には常備してありました。

しかし子供が成長するにつれて我が家でもセロハンテープと鉛筆削りの需要も高まり以前と状況が変わってきました。

あれほど年に数回しか登場しなかったのに今はなくてはならないほどの必需品となり、子供が工作したりお絵かきする度に出番がきます。

今までそんなに意識して使っていなかったのですが毎回使っていると子供だけでなく大人が使っても非常に使いづらく、気になる問題点が出てくることがわかりました。

100均の【カッター付きセロハンテープ】と100均の【鉛筆削り】の問題点

100均のセロハンテープカッターの問題点

通常セロハンテープは決して手でちぎることはできないので、テープカッターのついた付属品と一緒に使いますがこのカッターの部分が問題となってきます。

カッターの部分がギザギザの鋭い刃になっていて、大人でも油断すればあっという間に指を切ってしまいます。

大人でも怪我をするかもしれないのに子供にはさらに怪我をする確率が高くなり、さすがにひとりでは使わせることができません。

テープを切る作業をひとりで安全に上手くできない限りは親が手伝うしかなく、毎回娘が使う分を私があらかじめカットしなければいけないのです。

多めにテープをカットしておいても娘の制作が進むにつれて切ったテープのストックがなくなるとすぐに催促され、この作業が非常に面倒くさいと感じていました。

100均の鉛筆削りの問題点

基本色鉛筆を削る機会が多いのですが、上手く削れるときもあるのですが木の素材によっては鉛筆削りとの相性が悪いのか全く削れないこともあります。

やっと削り終わったと思って鉛筆削りから色鉛筆を抜いた瞬間に芯が抜ける(折れる)こともしょっちゅうで、そんな状態から削ってもまた折れることの繰り返しで我が家の色鉛筆は使ってもいないのにどんどん短くなっていきました。

大人が削ってもそんな感じなのでましてや子供に削れるわけもなく、このままいくと我が家の色鉛筆は全滅するかもしれないという危機を感じていました。

子供が自分ひとりで使えるための性能重視の商品を探し、ついに見つけた!

100円ショップの商品自体が悪いのではなく100円ショップでは安くて手軽な商品を簡単に手に入れるものであって、子供に安全に使わせるためにできた商品ではないのです。

100円でそこまでのクオリティを求めていたのがそもそもの間違いで、子供が安全にひとりで使えるようになるためにも性能を重視した商品を選ばなくてはいけませんでした。

その後たまたま別の用事で本屋さんに行く機会があり、店内の文房具売り場で偶然にも自分の求めていた商品に出会うことができたので紹介します。

NICHIBANハンドカッター【直線美】

刃先がギザギザのタイプの商品が多く売られている中、この商品だけは刃先が真っ直ぐでまさに私の求めていたカッターでした。

ポイントは刃先がギザギザでなく真っ直ぐなので直接触っても全く痛くなく、しかも切り口が真っ直ぐになっていることで子供の弱い力でも簡単にきれいに切ることができます。

大きさもちょうど良く持ち運び便利で握りやすいグリップがあるので切るときはしっかり持って反対の手でカットでき、娘の手にはまだ少し大きいのですがそれでも何とか自分で持って切ることができました。

このテープカッターに出会ったおかげで娘はひとりで安全にセロハンテープが切れるようになり、私も安心して横で見守ることができるようになりました。

クツワ STAD スーパー安全鉛筆削り

まず商品の名前通り本当に安全に鉛筆削りが可能な商品で、シンプルな作りで子供でも使いやすく設計されています。

穴に色鉛筆を突き刺すだけなので挟む調整をしなくて済むので子供でも簡単にセッティングすることができ、あとはハンドルをぐるぐる回すだけで削れます。

あれだけ我が家の全滅しかけた色鉛筆もこの商品のおかげであっという間に蘇り、全ての色鉛筆の芯が美しく尖りあまりにも気持ちよく削れるので少し芯が丸くなっただけでもすぐ削ってしまいます。

ハンドルを回すときの感覚が手動タイプのかき氷機の氷を削るような感じで何ともクセになります。

作業が簡単なので娘ひとりでも削ることができ、この間も私が知らない間に一人で勝手に使ってきれいに削ってありました。

削ったカスが溜まった場所も簡単に引き出せるようになっているので、お手入れも簡単で今まで使っていた鉛筆削りとは比べものにならないくらい良い仕事をしてくれます。

まとめ

この2つの文房具達が来てくれたおかげで娘もひとりで作業できるようになり、私もその間自分の時間ができたので親子揃って嬉しい限りです。

子供に使わせるものは使いやすくて安全なものが一番であり、もっと早くこの商品達に出会いたかったです。

本当に必要なものは100均で済ませるのではなく、性能を重視し質の高いものを選ぶべきなのだと今回のことで学びました。

最後までご覧頂きありがとうございました。