傘立てでもう悩まない!これさえあれば狭い玄関でもスッキリ!

暮らし

我が家はアパート住まいなのですが玄関が狭く土間のスペースも狭いため靴を4~5足並べるだけで圧迫感があるため、立てるタイプの傘立てなどを置くと場所を取るため購入を踏みとどまっていました。

傘を使わない日は特に問題ないのですが毎回雨の日は濡れた傘の置き場に困り壁に立てかけておいても何かの弾みで倒れたり、傘が濡れているため傘の分場所を取るため土間のスペースがかなり狭くなる感じでした。

できれば傘立ての存在があまり目立たずスマートに収納できるものはないかと悩んでいたところ、外出して帰ってきたときにたまたまお隣さんも外出から帰ってきたところで玄関のドアが開いていることがありました。

玄関のドアにはマグネット式の傘立て用のフックが取り付けられていて、今まで自分が見たこともない傘立てのタイプで衝撃的でした。

思った以上にマグネット式の傘立ては種類豊富に揃っている

家に帰るとさっそくネットで【マグネット式の傘立て】で検索してみるとかなりの種類の商品が出てきました。

商品を全体的に見ると傘を手で持つ部分のみを引っかけるタイプのものと、傘の先端を下にして置くタイプのものがあることが分かりました。

どちらのタイプも玄関のドアにマグネットで付けれるためたいして場所をとらずスマートな見た目がとても魅力的な商品です。

傘を先端を下にしておくタイプのものだと濡れた傘をおいて置くと水や汚れが溜まったり何かと掃除が面倒なのかという印象です。

しかしこのようなタイプでも傘を置く場所が簡単に取り外せてお手入れが簡単そうなものもありました。

ほとんどの商品は耐荷重が1.5~2.5kgまでのもので、口コミを見ると人によってはたくさん傘を立てかけてもずり落ちない人もいれば、3本以上立てかけるとずり落ちるなど意見も様々でした。

一番の問題はこのマグネット式の傘立てが傘の重さに耐えられるかということですが、我が家は私、夫、娘の3人家族のため最低でも大人用の傘2本と子供用の傘1本分の重さに耐えられる商品でなくてはなりません。

そしてできればお手入れしなくてもいい傘を手で持つ部分のみを引っかけれるタイプの商品が良かったので、数ある商品の中でも田辺金属工業所 マグネット付き傘掛け TANNNER 磁石で付ける傘hook】という商品が目に留まりました。

耐荷重1.5kgというのが気になりましたが、家族3人分の傘だけでも耐えれれば十分だと思い注文してみました。

果たしてマグネットの耐久性はいかほどに?3本の傘の重みに耐えられるのか検証!

kasadate

さっそく玄関のドアにマグネット傘立てを付けてみたところ、思った以上に磁石でしっかり固定されました。

問題は傘の重さに耐えられるかということですがビニール傘3本を引っかけてみたところと時間が経ってもずり落ちることはありませんでした。

だいたい一般のビニール傘1本の重さが400g弱なので、この商品は耐荷重1.5kgであることから3本までは問題なく耐えられました。

ただもう1本引っかけるとやはり耐荷重オーバーで傘立てが斜めにずり落ちてしまうので、このマグネット式傘立ての正しい使い方は基本3本まで引っかけられることがわかりました。

あと傘をひっかける場所もバランス良く引っ掛けないと斜めに傾いてしまうので注意が必要ですが、それさえ気をつけていればかなり使い勝手の良い商品です。

我が家のような小家族にはピッタシのサイズで玄関が狭くてすっきり見せたいときには最適なアイテムといえます。

まとめ

マグネットタイプの傘立てを使い始めてからというもの、我が家の玄関はいつもすっきりして雨の日で傘が濡れても以前のように土間が傘で狭くなることもなくなりました。

ただ欲を言えば、責めてあと1本ぐらいの計4本の傘の重みに耐えられるように改良して頂きたいです。

先日友人が家に遊びに来てくれた際に傘を一つ引っかけただけですぐにずり落ちてしまい、理想を言うならできればあと1~2本ぐらい傘を増やしてもずりおちない強度が望ましいです。

手で持つ部分を引っかけるタイプのものは確かにシンプルでお手入れもなく使い勝手も良いですが、耐荷重1.5kgであるとやはりマグネットの強度が弱く限界があります。

このマグネットタイプの傘立てはあくまで一人暮らしや2~3人暮らし用に作られているサイズなので、狭いアパートやマンション住まいなどには理想的な商品です。

もし4人以上の家族でマグネット式タイプの傘立てを探すのであれば、耐荷重2.5kgの【like-it 傘立てマグネットかさラック をおすすめします。

この商品は傘の先端を置くタイプなのですが、雨で水が溜まっても置き場が取り外せるので簡単に水を捨てることができ、傘立てを使っていないときは折りたたむこともできます。

こういう商品はどんなに口コミ評価で良いことが書かれていたとしても、実際は自分で試してみないとわからないものなんだと改めて実感しました。

みなさんもくれぐれも商品選びは慎重に行ってくださいね。

最後までご覧頂きありがとうございました。