北海道地震で停電に!思った以上に電気なし生活は不便!

暮らし

2018年9月6日3時08分に起きた【北海道胆振東部地震】の影響で私が住んでいる町も一時停電になりライフラインの大切さに改めて気付かされた貴重な体験をしました。

私の住んでいる町は建物の被害はほとんどなかったため、信号機やコンビニ、スーパー、お店などが閉店している事以外は日中は震災前と特に変わりない風景でした。

ただ家の中では電気が使えないため、今まで普通に行えていたことができなくなり家事も所々支障が出てきていました。

我が家はまだガスが使えたので料理の面はさほど問題なかったのですが、オール電化の御家庭だと食べるのにも苦労したのではないでしょうか。

自分が住んでいるところは大丈夫だろうと高をくくっていてもそれには何の保証があるわけでなく、日本に住んでいる以上どこにいても震災に遭遇する可能性があります。

私も震災に遭う前はまさか自分の住んでいる町に地震が起こるなんてありえないと思っていましたが今回の地震でその考えは一掃されました。

いつどこで地震が起こってもおかしくない現状の中でただ地震に怯えて悩んでも仕方がないので、また地震に遭遇しても慌てないために必要な知識と対策を実体験から学んだことを踏まえてお伝えします。

長期停電に遭遇した時に、まずやらなくてはいけない6つの行動

ブレーカーは下げておく

停電の際ブレーキを上げたままにしておくと電力が回復した際ショートする恐れがあるので、基本停電の時はブレーカーは下げておく必要があります。

冷蔵庫のものはクーラーボックスに避難

冷蔵、冷凍の腐りやすいものは保冷剤をたくさん入れた大きめのクーラーボックスに移しておいた方が無難です。

夏場でも1日ぐらいは持つ可能性が高く冷蔵庫も徐々に温度が低くなるため少しは冷気が保たれているので一応入れておく分に損はないと思いますが、冷気がもれないように開けたらすぐ閉めるように注意が必要です。

懐中電灯を常備

LEDの懐中電灯(2~3個)常備しておき、停電もいつまで続くかわからないので予備の電池(単3or単4)も多めに用意していた方が安心です。

豆知識として水の入ったペットボトルの下から懐中電灯を当てるとより明るい光を生み出すことができ、少しでも明るくなることで不安も少しは軽減されます。

ろうそくは今後の余震の揺れで火事になる恐れがあったり、小さい子供が遊んで怪我をする可能性もあるのであまりおすすめはしません。

風呂の水を貯めておく

いつ断水しても困らないように、浴槽にいっぱいに水を貯めておきましょう。

断水すると水は大変貴重となり、トイレや様々な用途に使えるので貯めておいて損はないでしょう。

携帯の電池は省エネモードに設定しておく

停電の際、携帯は貴重な情報源となってくるので、少しでも電池を長持ちさせるためにもすぐに省エネモードに設定しておく方が賢明です。

電気がないとテレビもラジオも使えないので携帯だけが世界と繋がる唯一の情報手段ということはある意味命綱であり、携帯が使えなくなると全く外からの情報が得られません。

部屋の扉は開けておく

今後の余震などの影響で地面や建物が歪み扉が開かなくなる可能性もあるので、すぐ避難できるように、家の扉は開けておきましょう。

長期停電になると、私達の生活に支障がでてくる主な5つのこと

明かりがなくなる

当然ながら電気が使えないと明かりがないので夜は真っ暗となり、我が家はトイレに窓がないので昼間も電気がつかないと真っ暗闇です。

震災が起きたときは9月だったこともあり明かりがないと18時半には室内はかなり暗くなり、冬になればなるほど日が沈むのも早くなるため1日の中でも暗闇の時間が長くなります。

電気がない時代は、「暗くなったら寝る」といった理にかなった生活をしていましたが、現代人は夜でも電気のおかげで起きている時間も長いので、暗闇の中何もしないで過ごすのはしんどいかもしれません。

しかし実際自分が暗闇の中で過ごすと何もする気が起きないので、月や星を眺めるくらいのことしかできず21時には子供と一緒に寝てしまいました。

家電が使えない

テレビ、パソコン、オーディオ、ラジオなど、音のない静かな世界に慣れていない現代人にとってはこの空間への違和感は耐えきれないかもしれません。

特に現代の子供はテレビやiPad、スマホ、パソコンが使える世界が当たり前だと思っているのでその分ストレスも尋常じゃないでしょう。

また冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、電子レンジ、掃除機など主婦にとってはなくてはならないものが使えなくなると家事もスムーズにいかなくなり、別の方法で家事をこなさなければならず電気がない時代の昔の人の苦労を改めて実感しました。

お風呂やシャワーに入れない

主電源が電気であるタイプだとガスでお湯を沸かせるところでも、お風呂、シャワーに関しては手も足も出せなくなります。

我が家もそのタイプでさすがに冬でなくても水でシャワーする気にはなれずお湯が出せないと本当に不便に感じました。

トイレが通常通り使えない

現代のトイレは便座を温めるたり、ウォシュレット、洗浄、消臭などあらゆる機能が搭載されているため電気で動かすのが主流となっています。

そのため電気が使えないとこのような便利な機能も使えなくなり、結果タンク内の手動レバーで水を流さなくてはなりません。

この操作に慣れてしまえばどうってことはないのですが、問題は断水した時のことを考えなくてはいけません。

水が出ないということは使う度に水がなくなるためその都度タンク内に新たな水をバケツなどを使って貯めておく作業が必要となってきます。

我が家のトイレはたまたまタンク内に手動のレバーが内蔵されているタイプでしたが、メーカーによっては内蔵されていないタイプもあるので、今一度自宅のトイレのタンク内に手動のレバーがあるかの確認はしておいた方が良いです。

我が家ではトイレの横に小さな四角があり手前に軽く押すと扉が開いて、中に小さな黒いレバーがあってそれを手前に上げると水が流れるようになっていました。

携帯の充電ができない

電気がないとテレビ、ラジオ、パソコンが使えなくなり、情報源が得られなくなるため、携帯だけが唯一外の世界と繋がる手段となってきます。

携帯が使えるうちはいいですが使えなくなると完全に外の世界とシャットアウトされるので、電池の残量が少なくなってくるとだんだん不安になっていきます。

ただ車にカーナビがついていればテレビを見ることも可能ですが、ガソリンも貴重になってくるので無駄に長時間見ることはできません。

いつ地震が起きても困らないために普段から常備しておく備えと心構え

主な必需品

LED懐中電灯(予備の電池も)、大きめのクーラーボックス、保冷剤(多めに)、電池式充電器やバッテリー充電器(主に携帯用)、電池式ラジオ、カセットコンロ(ボンベの予備も)

普段の生活での備え、心構え

停電になるとスーパーやコンビニ、飲食店も全て頼れなくなるので水と食料は常に多めに常備し、具体的にいうと米、小麦粉、麺類、缶詰、インスタント食品、レトルトごはん、餅などです。

震災に遭うとまず多くの人は食料に目を向けパニックに陥りやすくなると思われるので、日頃から水や食料を多めにストックしておくことで長期の停電にも慌てることなく対応できます。

トイレットペーパー、ティッシュ、ナプキン、小さいお子さんがいる御家庭ではオムツなどの紙類も日常生活で必要となってくるので普段から多めに買っておき、ゴミの量も増えると予想されることからもゴミ袋も多めに常備しておいた方がいいかもしれません。

停電になると洗濯機も使えないのでタオルや衣類を洗濯するのも一苦労になってくるのですが、そんなときは使い捨て用の下着(シャツやパンツ)があると便利でネットなどで簡単に手に入れることが出来ます。

車は移動手段としていつでも利用できるためにも、停電になるとガソリンも入れることさえもままならなくなるのでガソリンは常に満タンにしておいた方が安心です。

家の家具では高さがあるものほど地震による影響被害が大きいので、できるだけ高い棚の上には物は置かず、倒れそうな棚などはあらかじめ家具転倒防止グッズなどで固定しておく必要があります。

我が家ではこの地震で食器棚が倒れそうになりましたが夫が抑えてくれていたため何とか倒れずに済みましたが、またいつ地震が来るかもしれないので慌ててホームセンターで伸縮棒を買いに行きました。

sinshukubou

いつ地震が起こっても困らないように家族とは常に連絡が取れるようにしておくこと、また連絡が取れないときの集合場所を前もって決めておくことは震災後安否確認する際においてとても重要なこととなってきます。

停電でも発電機があると何かと心強いのですが、燃料がガソリンであるため扱いを間違えると一酸化炭素中毒になる恐れもあるので注意が必要であり、今回の地震でも発電機の誤った使い方で亡くなられた方もみえました。

またもし冬に停電した場合は寒さ対策も考えなければならず、石油のストーブやアルミマットやシート、段ボール、ホッカイロなども常に備えておく必要があります。

まとめ

今回の地震でもたくさんの尊い命が失われましたが、もしこの地震が冬に起こっていたら二次災害でさらに多くの人の命が失われていたかもしれません。

今回私はたまたま運良く停電で日常生活が少し困った程度で済みましたが、中には大切な人を失ったり家が崩壊してもう自分の家に住むことができなくなった辛い体験をした方も多くみられます。

日本に住んでいる以上いつ自分がその立場にたたされてもおかしくなく、その危機感を常に国民は感じるべきでありニュースを見ても人事と思わず明日は我が身であるという心構えを常に持っておく必要があります。

当たり前の生活を過ごすことがいかに有り難いことであるのだと気付かされ、今回の地震を体験したことで震災前と後では随分物事の見方が変わりました。

いつ地震が起きても慌てないように普段から先に述べたことを常に意識した生活を心がけておけば、この先また地震に遭遇してもそれなりの対応ができる気がします。

最後までご覧頂きありがとうございました。